最短即日で資金調達する方法を解説!急ぎの法人・個人必見【2024】

どうしても今日中に資金調達をしたいと考えている時、まずは数ある選択肢の中から資金調達できる方法を知らなければなりません。

何も知識がない状況で資金調達するのは不可能ですので、いち早く資金調達に動ける方法を確保しなければならないのです。

即日の資金調達方法で利用されているのは即日ファクタリングであり、資金調達を当日に実施できるなど、得られる資金が多くなる傾向があります。

この記事では、最短即日で資金調達できる方法について紹介する他、利用する際の注意点についても解説していきますので、資金繰りにお困りの方はお役立て下さい。

目次

最短即日で資金調達するにはアセットファイナンスを活用

最短即日で資金調達したいと考えている場合は、アセットファイナンスを利用してください。

アセットファイナンスというのは、自社が保有している資産を元手にして資金調達する方法であり、現時点で会社側に残されている資産を活用して資金を調達する方法を目指します。

主に採用されている方法としては次の3つが用意されています。

  • ファクタリング(2社間)
  • 手形割引
  • ノンバンクのビジネスローン

ファクタリングは近年多く採用されている方法となっており、特に2社間はリスクが少ないことから利用される傾向が強まっています。

手形割引は昔から採用されている方法の1つとして期待されており、現在でも手形を採用している場合には利用される傾向があります。

ノンバンクが提供しているビジネスローンもアセットファイナンスに該当するものであり、自分が保有している資産を活用してローンによる融資を受ける方法となっているのです。

アセットファイナンスを利用するメリットとしては次の要素があります。

  • 保有資産の資金力を活用して資金調達が可能
  • 基本的に返済しない方法が主流
  • 財務状況の改善に期待できる

現時点で保有している資産の資金力を活用すれば、より多くの資金調達が可能となっているのがアセットファイナンスです。

資産の量や提供する金額によって多くの資金調達が可能となっているため、現時点で多くの資産を保有している会社ほど有利です。

また、返済義務は基本的にないサービスが多くなっており、ファクタリングや手形割引を利用する場合は支払い義務が発生しません。

保有している資産はまだマイナスとなっている可能性もありますが、資金調達に使ってしまえばプラスに調整できるようになり、財務状況の改善にも期待できる方法です。

ファクタリング(2社間)は短期で資金調達可能

ファクタリングは短期で資金調達できる方法です。

ただ、すべての方法で短期間の資金調達が実現できるわけではなく、2社間のみ短い時間で対応しています。

2社間は売掛債権を売却する業者との間で交渉が成立すればすぐ売却できるようになっていますので、短時間で売却できる状況を作れるのです。

また、2社間のファクタリングには次のメリットもあります。

  • 売掛先に知られない
  • 確認作業にかかる時間が短い
  • 手数料さえ支払えば利用しやすくなる

2社間は売掛先に知られないようにサービスを提供していくため、仕事をしている企業との関係性が悪化しないというメリットを持っています。

また、確認作業にかかる時間が短くなっていることもメリットとなっており、時間をかけずに資金調達できる方法として重宝します。

基本的に審査は売掛債権がどれくらい信頼できるものか判断するだけですので、ファクタリングであれば短時間での資金調達と同時に簡単に現金を得られるようになるのは間違いありません。

今後一番利用される方法として期待されているのは間違いなく、資金調達の方法として期待されている手法でもあります。

必要書類は請求書と通帳のコピーの2点だけ

必要書類は基本的に請求書と通帳のコピーだけです。

しかし、ファクタリングを実施する業者によってサービスが異なっているため、実際に必要な書類は利用する業者側に確認を取らなければなりません。

場合によっては身分証明書や決算書などの書類が追加されてしまい、利用するまでに相当な時間がかかってしまう可能性もあるので注意してください。

どうしても書類を減らしたいと考えているのであれば、次の業者を利用していくのがおすすめです。

2つの業者は必要書類が請求書と通帳のコピーだけに設定されていますので、余計な書類を準備する必要はありません。

書類の数を減らせるのは、準備を進めるために必要とされる時間を軽減できる他、書類作成でミスをする可能性が大幅に減ることを意味しています。

2つの業者は今後のファクタリングでも利用しやすいと判断されていることから、書類作成に困っているときは相談してみるのがおすすめです。

他の業者では得られないような書類の少なさを実現しつつ、簡単に資金調達できる環境ができるようになります。

個人間の売掛債権でファクタリングは難しい

個人間の売掛債権を利用してのファクタリングは厳しいため、あまり利用しないほうが無難です。

ファクタリング業者は色々な情報を確認したうえで、問題なしと判断しているものについては現金に変えてくれるサービスを提供しています。

しかし、個人間の売掛債権は信頼性が不足していることに加えて、本当に売掛債権として存在しているのかさえ分からないと判断されることから微妙な判断を下されやすいのです。

業者側としても個人間の売掛債権は対応しない方向性を明確にしています。

  • 売掛債権の金額が回収できるのか不明
  • リスクが高すぎるため禁止している業者が多い
  • 明確に個人間は禁止としている業者もある

個人間の売掛債権というのは、金額が回収できるかわからない状態となっていますので、本当にお金が返ってくるのか判断しづらくなっています。

少しでも売掛債権の金額を回収しなければファクタリング業者はサービスを続けられなくなってしまうため、信頼できないとされる個人間の売掛債権は禁止しています。

明確にダメと記載しているところまでありますので、業者に相談して本当に対応できるのか判断するように心がけてください。

個人の方は「個人事業主の融資制度」も合わせてご確認すると良いでしょう。

契約前に債権譲渡登記の有無を確認しよう

契約前に債権譲渡登記の確認を実施してください。

債権譲渡登記が記載されている場合、業者によっては対応を断られる可能性があります。

債権譲渡登記あり債権譲渡登記なし
譲渡を禁止しているため業者側が認めない譲渡しても問題ないためファクタリングが可能

債権譲渡登記の有無を確認しないでファクタリングを実施するのは厳しいものとなっていますので、利用する際は必ず表記がされているか見てください。

また、業者側も債権譲渡登記についてどのように考えているのかしっかり把握しておくように心がけ、債権譲渡登記があるものに対応してくれるのか知っておく必要があります。

認められない場合は債権譲渡登記ありでも認めてくれる業者に相談する、もしくは売掛債権に債権譲渡登記が記載されていないものを売却するなどの対応が求められます。

手形割引

手形割引は、手形を売却して資金調達する方法です。

約束手形を支払期日が到来する前に銀行や手形割引事業者で換金することを「手形割引」といいます。
約束手形は、発行した個人または法人が、約束手形に記述した期日までに支払うことが約束されています。

引用元:手形割引|株式会社 日本保証

本来であれば支払期日までに約束手形の支払いをしてもらうのが一般的な方法となっていますが、どうしても資金が不足しているようであれば手形割引を利用して資金に交換する方法も可能です。

手形割引の方法はファクタリングに近いものとなっていますが、対象となっているものは売掛債権ではなく約束手形である点に注意してください。

また、手形割引を利用する際は注意しなければならない部分がいくつかあります。

  • 銀行での手形割引は厳しい判断を受けやすい
  • 利用する際は民間業者に依頼する傾向が多い
  • 手数料を請求される

銀行でも手形割引に対応している傾向はあるものの、厳しい判断によって断られる傾向が強まっています。

従って専門の業者を利用する方法が主体となっていますが、利用する際に手数料を請求されるのはファクタリングと同じものであり、お金を払わないと現金化できません。

手数料についてはかなり高く設定している場合もあるなど、本当に利用できるのか不安視されるものもあるため注意が必要です。

ノンバンクのビジネスローン

ノンバンクが提供しているビジネスローンも即日で資金調達できる可能性を持っています。

ノンバンクが提供しているサービスは審査が早くなっており、最短即日での融資を可能にしている場合があります。

特に消費者金融系は審査が早くなっているため、金利は高いものの融資スピードを優先して消費者金融系を利用する手は十分あるのです。

しかし、ビジネスローンは他の方法と違って返済しなければなりませんので、返済に時間がかかると利息をかなり取られてしまう点に注意しなければなりません。

即日・短期で資金調達をする場合の注意点

即日や短期で資金調達する場合には、注意しなければならないポイントがいくつかあります。

  • 金融機関・業者を選ぶ際は信頼性や利用条件を確認
  • 資金調達の手続がオンライン完結可能な方法で行う
  • 即日の資金調達は利息率・手数料が相場よりも高い

金融機関や業者選びの際は信頼性や利用条件を確認しておき、本当に利用しても大丈夫なのか知っておかなければなりません。

また、オンラインによるサービスを提供している業者も多くなっていることから、オンラインですべてのサービスが完結するのか知っておく必要があります。

更に手数料や利息の数値が高いことにも気をつけて、余計な金額を支払うことになるものと判断しておかなければ厳しい数字に苦労してしまうのです。

ここからは、即日で資金調達したいと考えている場合の注意点を詳しく説明します。

金融機関・業者を選ぶ際は信頼性や利用条件を確認

利用する業者を選ぶ際は、信頼性や利用条件などの情報を確認しておかなければなりません。

適当に知られている業者を利用しておけば大丈夫だと思っているのは間違いであり、本当に安心してサービスを利用できると判断できるものだけを利用していかなければなりません。

特に気をつけてみておきたいのが2つのポイントです。

  • 信頼性
  • 利用条件

信頼性は業者を利用するうえで最も大事なポイントとなっており、本当に信頼してサービスを利用して大丈夫なのか、資金調達をスムーズに進められるのか判断する必要があります。

金融機関であれば問題なく対応してくれるものの、専門業者の場合は色々と面倒な手続きや手数料の高さなどが影響し、思っていたような信頼性が得られていないと判断する場合があります。

また、利用条件については確認しておかなければならないポイントで、特に次の要素を知っておかなければなりません。

  • 資金調達時にかかる時間
  • 必要な書類
  • 手数料

資金調達にかかる時間は業者によって変わりますので、どれくらいの時間がかかるのかしっかり見ておかないと本当に早くお金を得られるのか判断できなくなります。

また、必要な書類が多すぎる場合は準備に時間がかかりますので、思っていたような形での資金調達が不可能となり、余計な手間がかかってしまいます。

手数料はお金を得られる割合を示しているもので、高い数字を告げられている場合は少しでも抑えられるように努力するなどの対応を検討しなければなりません。

条件や信頼性の情報をしっかり見ておかなければ、本当に利用しても安心できる業者と判断しづらいポイントがあるので気をつけてください。

資金調達の手続がオンライン完結可能な方法で行う

資金調達の手続きは色々とありますが、最近導入されているオンライン完結できる方法を利用するのがおすすめです。

オンライン完結というのは、ネットですべての手続きを実施するというもので、来店や出張によって契約しなければならない状況が起こらないのです。

特にファクタリングでは出張や来店と呼ばれる方法が使われていたのは事実ですが、現在ではオンライン完結を実現している業者も増えています。

実際にオンライン完結を利用するメリットとしては次の要素があります。

  • 依頼する業者へ来店する必要がない
  • 資金調達までにかかる時間が大幅に減る
  • 即日での対応が実現しやすくなる

来店の必要がなくなりますので、来店しなければ何もできないという状況が起こらなくなっています。

また、来店しないという状況が作られませんので、オンラインですべての手続きを実施すれば大幅に時間を減らせるようになるのは大きなメリットです。

場合によっては即日での対応が可能となっている場合も多く、即日での資金調達で多くのお金を手にできる可能性も秘めています。

利用する業者によって対応は変わりますが、できる限りオンラインで完結する方法を利用していくように心がけてください。

即日の資金調達は利息率・手数料が相場よりも高い

即日での資金調達は手数料が高くなりやすく、多くの必要を請求される傾向が強まっています。

お金を融資してもらう方法だった場合でも資金調達にかかる利息が多くなってしまうのは覚悟しなければならず、場合によっては18%まで上昇するケースまであります。

手数料や利息が高くなってしまうのは、業者側に負担をかけているというのもありますので仕方ない問題です。

しかし、業者選びを間違えなければ手数料を減らせる可能性があります。

  • 業者を選ぶ際に手数料の比較をしておく
  • 特に2社間ファクタリングの手数料を比較しておくと安心
  • ビジネスローンの融資は利息が高くなるため避けるようにする

手数料は業者のホームページに記載されているケースが多くなっていて、場合によっては細かい情報までホームページで把握できます。

短時間での資金調達には2社間を利用することとなりますので、2社間を利用した場合の手数料がどれくらいになるのかしっかり確認しておかなければなりません。

他社よりも1%でも低くなるような業者を利用していくのが一番理想的な方法であり、比較によって少しでもいい業者を選ぶように心がけてください。

なお、ビジネスローンは利息が高くなる可能性が高いため、即日で融資を受けると考えている場合は利息の支払いは覚悟しなければなりません。

2社間ファクタリングの手数料は4〜14%程度が平均値

2社間ファクタリングの手数料は4%~14%程度の数値が平均となっており、特に10%以上に設定されている傾向が強くなっています。

平均値だけを見れば次の表に記載されている範囲が主体となります。

契約方法手数料
2社間ファクタリング4〜14%
3社間ファクタリング1〜9%

3社間ファクタリングは売掛先にも相談して対応することとなるためリスクを軽減できることから、手数料を1%程度まで減らせるようになるメリットを持っています。

しかし、確認作業に時間がかかってしまうことから3社間は即日での対応にほぼ期待できないものとなっており、即日での資金調達では2社間ファクタリングを利用するのが一般的です。

2社間はリスクが高いことから手数料が高めになるように調整されており、10%程度の数値に設定している業者も多くなっています。

場合によっては15%以上の数字に設定される業者もありますので、利用する際に見積もりを取るなどして手数料の数値だけでも確認しておき、安心して利用できる状況を作っておきましょう。

手形割引(民間の手形割引専門業者)は2.5~15%程度

民間の手形割引専門業者が提供しているサービスを利用する場合、手数料は2.5%~15%の間です。

手数料の幅が大きくなるのは、金額によって手数料を変えなければならないという部分があるためで、多くの金額を持っている約束手形を渡した場合は手数料を下げられるメリットを持っています。

一方で安い約束手形を渡すとより多くの手数料を取られるようになり、上限に近い数字に設定されるのも仕方ない状況です。

手数料を少しでも下げる場合には、手形割引の業者を比較すると同時に、手数料を下げるために必要とされている交渉を進めるなどの対応が求められます。

最終手段は交渉をして未入金の回収・支払いを遅らせる

ファクタリングなどのサービスを利用しようと考えても資金調達できなかった場合、最後の手段として取り入れるのが交渉です。

とにかく相手側に交渉して、未入金の回収について遅くしてもらうようにお願いして支払いを遅らせていくのが狙いです。

少しでも時間を作ってもらえば、売掛債権を回収できる可能性もありますし、他の方法での資金調達が期待できる場合もあります。

どうしても交渉するのであれば次の要素を忘れないようにしてください。

  • 引き延ばせるとしてもあまり長い期間は設けない
  • 資金調達できる方法が他にないか模索しておく
  • 場合によっては分割での支払いなども検討してもらう

引き延ばしはあまり長く時間を取れなくなっていることから、長い期間は設けないようにしてください。

資金調達については延期してもらった場合でも考えていく必要があり、少しでも早く資金を得られるようにできないか考えていくように心がけるのです。

資金の支払いを分割でできないかなど、色々な方法で資金を支払えないか確認しておくのも重要なポイントで、相手との交渉は色々な方面で調整していくのがおすすめです。

上手に交渉できれば、即時の支払いをする業者を利用しなくても支払いの延期に対応してくれる場合があります。

運営企業

株式会社サウスエージェンシーは中小企業・小規模事業者向けに融資・資金調達支援、補助金・助成金申請支援を手掛ける企業。

資金調達コラム(以下:当サイト)は、東京都新宿区に拠点を置く株式会社サウスエージェンシーが運営しています。当社は複数の税理士法人・行政書士法人と提携して創業融資・資金調達、補助金・助成金申請支援を手掛ける企業です。

会社名株式会社サウスエージェンシー
法人番号8011101102197
所在地〒160-0023
東京都新宿区西新宿3丁目3番13号 西新宿水間ビル6階
所属団体東京商工会議所
顧問税理士FinTax税理士法人
顧問社労士シャノアス社会保険労務士法人

当サイトは専門的で正確な情報を発信すべく以下の公的機関の情報を参考にしています。

免責事項

  • 当サイトに掲載されている情報は提携する企業のPR情報が含まれている場合があります
  • 当サイトに掲載されている広告は、第三者の広告サービスを利用して配信されています。詳細は弊社の広告掲載ポリシーをご確認ください
  • 広告配信事業者は、ユーザーの興味に合わせた広告を表示するためにクッキー等を使用しています
  • 当サイト上のコンテンツは、最新の情報を提供するよう努めていますが、その正確性や安全性を保証するものではありません
  • 掲載された情報を利用することによって生じたいかなる損害についても、当サイトは責任を負いません
  • 当サイトは、第三者のウェブサイトへのリンクを含んでいます。これらの外部サイトの内容については、当サイトは一切の責任を負いません
  • 当サイト上のコンテンツ(テキスト、画像、動画など)の著作権は、当サイトまたは第三者に帰属しています
  • ユーザーのプライバシー保護に関する詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご確認ください
目次