クラウドファンディングとは?メリット・デメリットを解説

近年増加しているクラウドファンディングは、利用者にとって資金調達の手法として期待されているものです。増加している背景には、ユーザーにお礼を渡すことによって気軽に挑戦できるという側面もあります。

しかし、クラウドファンディングについてよく知らないままサービスを利用しようと考えている人もいるなど、しっかり情報を得ていないまま利用する場合があります。正しい情報をしっかり見ておかないことには、失敗する可能性もあるのです。

この時期では、クラウドファンディングについて説明する他、実際にクラウドファンディングを利用する際に必要とされる手順などについても解説します。

目次

クラウドファンディングとは資金調達方法の1種

クラウドファンディングの仕組み図

クラウドファンディングは資金調達の方法として活用されているもので、インターネットを活用してお金を集める方法として用いられています。

クラウドというのは群衆という言葉を指すものであり、ファンディングは資金調達を意味している言葉です。2つの言葉を組み合わせることによって、多くの人から資金調達を実施するための用語として用いられるようになりました。

実際に行われている方法としては、自分が実現したいと思っている行動に対して賛同してもらい、資金を提供してもらう方法が実施されています。利用している人は資金を提供してくれたユーザーに対してお金を受け取る代わりにお礼を渡すことで、資金調達について感謝を伝えることが必要となります。

徐々に浸透してきた方法でもあり、色々なサービスでクラウドファンディングが利用されるようになっていきます。ジャンルも問わず、自分が希望している目標に向かって資金を集めるという方法で用いられる傾向が強まっています。現在は専門のサイトが多くなっていることもあり、利用している人が多いのは間違いないことです。

クラウドファンディングと寄付の違い

クラウドファンディングと寄付の違い

クラウドファンディングと似たような方法として、寄付というものがあります。

寄付というのはお金を渡すことによって、目標としているサービスを実現してほしいとするもので、一見するとクラウドファンディングとかなり似ているような状況が作られています。しかし、寄付とクラウドファンディングは違いが存在しており、似ているようで全く違うサービスとなります。

具体的に違う内容としては以下のポイントが挙げられます。

  • 個人と法人の違い
  • お礼を渡すかどうかの違い
  • ネットを介するか現物で取引するかの違い

寄付というのは個人で行っているケースが基本的にありませんので、法人が提供しているものが多くなっています。一方でクラウドファンディングについては、個人でも実施できるサービスとなっていることから、個人が希望すればいつでも実施できるものとなります。

次にお礼を渡すかどうかの違いがあります。寄付というのはお礼を渡すことがありませんので、渡した人に対して何も得られるものはありません。一方でクラウドファンディングはお金を渡すことによって返礼品を受け取る権利がありますので、お礼を受け取れるようになるというメリットを得られます。

最後にネットを利用しているかどうかの違いがあります。寄付というのはネットでも利用されるようになりましたが、基本的には現物で取引する、または振込を利用していく方法が主体となっています。クラウドファンディングはネットを利用することが前提となっていますので、ネットを使っていない場合には異なるサービスを利用しているものと判断されます。

クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングの仕組みとしては、まず利用者側がどのようなサービスを目的としてお金を調達していくのか示さなければなりません。調達目的についてクラウドファンディングのサイト側で提供することによって、情報を出していくことが求められていきます。

次に入力した情報を公開し、実際に資金調達を開始していきます。資金調達の期間を設定しておかなければなりませんので、一定の期間が経過した時点で終了となります。一定の期間までに調達できなかった場合、サービスが実現しないため中止として返金するか、足りない場合でも実際に挑戦するかどうかが決まります。

資金調達が行われた後、お金を提供してくれたユーザーに対してお礼品を渡さなければなりません。クラウドファンディングサイトから提供している人の住所などが記載されていますので、提供する品を送ります。送付する品についての費用も資金調達の範囲で実施しなければならず、ある程度考えて行動しなければ資金不足が発生してしまいます。

ユーザーに品を送付し、最後に自分が希望している目的にお金を使えるようになればクラウドファンディングは完了することになります。希望している方法以外にお金を使うことは許されていないため、勝手に利用する方法について変えてしまうような状況だけは作らないようにしましょう。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには種類が存在しており、提供されている方法によって違いがあります。

  • 購入型クラウドファンディング
  • 融資型クラウドファンディング
  • ファンド型クラウドファンディング
  • 株式型クラウドファンディング
  • 寄付型クラウドファンディング

一概にクラウドファンディングと言っても、実は色々な内容に分かれていることが多くなっていて、しっかり内容を見ておかなければわからない点もあります。選択する方法によって違いが生まれてくるのは間違いないことですので、自分が得なければならない資金の内容に合わせて検討していくことが重要になります。

中には複雑な方法が混ざっていることもありますので、どの方法を利用していくのが一番理想的なのか、しっかり検討していくことが重要になります。適当に考えることなくサービスを利用するように心がけてください。

ここからは、クラウドファンディングの種類について詳しく説明します。

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディング

一番手法として多くなっているのが購入型クラウドファンディングです。商品を購入するような形でお金を出してもらい、利用者は返礼品を提供することによって資金調達を成功させていくものです。実際に利用されている方法の大半が購入型とされており、利用しやすいメリットを持っています。

購入型の場合、基本的に返礼品を提供しなければならないという側面がありますので、魅力的な返礼品を用意しなければなりません。適当に考えているとユーザーが購入してくれない状況となりますので、思っていたよりも資金調達が進められないような状況が生まれてしまいます。

定番とされている方法であり、初心者でも簡単に導入できるメリットを持っているため、クラウドファンディングと言えば購入型が採用されるような傾向が多くなっています。わからないときはまず購入型を検討して、速やかにサービス利用までの準備を進めていくといいでしょう。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングというのは、資金を融資することによって資金調達を実施していくためのクラウドファンディングに該当します。返礼品を提供するのではなく、元利金を分配していくような形になっており、資金を融資している人が利益を得られるような方法となっています。

利用されている傾向が少ないサービスではありますが、不動産などのクラウドファンディングで利用されている傾向があります。ある程度投資によって利益を得られるような方法で使っていくことが求められていることから、利益の出ないサービスに対して利用されることはありません。

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディングは、ファンドが提供しているサービスに対して出資する方法となっており、利用者はファンドが準備しているサービスに資金を提供していきます。提供されるのは分配金だけではなく、返礼品としてサービスを提供してもらえる可能性もあります。

ファンドが提供していることが第一の条件として該当しているものであり、条件に該当していないものは全て別のクラウドファンディングとして認められます。用意されているサービスの中でも分配金が比較的多くなる傾向にあるものの、利用する際には信頼できるサービスなのかしっかり見ておく必要があるでしょう。

株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディング

株式に対してクラウドファンディングをしていくような方法で資金調達を行う方法です。基本的に未公開株などが対象となっており、これまで公開されていない株に対してユーザーが出資して資金調達を実施していく方法が多くなっています。知らない株式にお金を出して利益を得られる可能性があるなど、魅力的な要素が多くなっています。

株式型に関しては税金対策として利用されることもあるなど、税金を減らすための目的として利用されている要素もあります。一方で株式の価格が大幅に下がってしまうとリターンが少なくなってしまうなどの問題が生じるようになるため、価格が安定している状態で利益を出せるような状況を作っていかなければなりません。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディング

寄付型とされている方法は、基本的に返礼品が受け取れないようになっており、リターンについてはほぼありません。提供しているユーザーはお金を渡すだけというサービスになっており、何も得られるものがないことが他のクラウドファンディングとは異なる要素となります。

採用されているサービスもありますが、返礼品が受け取れないことによって資金調達が難しい状況が生まれている傾向もあります。しかし、寄付などを受け付けているNPO法人などを対象として、ネット上でできるサービスとして期待されている側面があり、利用されている機会も増えつつあります。

クラウドファンディングの流れ

クラウドファンディングの流れ

実際にクラウドファンディングを利用していく場合には、どのような方法で進めていくのか知っておく必要があります。流れについて理解していくことで、クラウドファンディングの失敗を大幅に減らせるのは間違いないでしょう。

STEP
プロジェクトを制作する

実際に出資してもらうためにプロジェクトを制作します。プロジェクトというのはクラウドファンディングで見てもらうための内容を意味するものであり、どのような目的で利用していくのかなどを記載していくことになります。魅力的なサービスとして認められないようであれば、ユーザーに与える影響は小さくなっていきます。

プロジェクトを成功させるためには、目的を大々的に宣伝できることに加えて、わかりやすい内容が求められていきます。また、返礼品についてもこの段階で決めなければならず、どのような目的でサービスを利用していくのがいいのかしっかり検討しつつ、返礼品の内容をしっかり決めることになります。

STEP
プロジェクトを公開する

クラウドファンディングを開始するため、プロジェクトを公開していきます。すべての内容がしっかり決められていることを前提としてプロジェクトを公開して、実際に運営していきます。公開する際には出資するための期間がしっかり設けられていることが必要となりますので、どれだけの期間で出資を募るのか決めていくことになります。

プロジェクトが公開されると、利用者に対して情報が公開されることになり、自分が提供するプロジェクトの内容は見られることになります。公開されている内容を見たユーザーがプロジェクトに対して出資してくれるようになりますので、資金が徐々にですが集まっていく様子を見ていくことが可能となります。

STEP
プロジェクトの出資期間が終了する

プロジェクトの出資期間が終了した場合、現在集まっている資金によって行動する方法は変わっていきます。調達している資金が大幅に超過しているような状態などであれば、プロジェクトを進めるのは容易でしょう。予定していた資金が調達されている場合については、問題なく目標としていたプロジェクトを実施します。

一方でプロジェクトを実行できるレベルに資金が集まらなかった場合、足りない資金でも目的としているサービスを実施していくか、それとも返金して中止するか決めることになります。事前に中止するかどうかは決める必要がありますので、プロジェクトを出す前に失敗したときを想定してサービスを利用していくことが重要になります。

STEP
返礼品を渡す

返礼品を渡すことによって、ユーザーに対して還元させる方法を取ります。返礼品を渡すまでには相当な時間が経過する可能性もありますので、しっかりした準備進めなければなりません。また、返礼品を送付しないという問題が起こらないように、誰に対して提供しなければならないのか確認しておきましょう。

返礼品を渡さないタイプのクラウドファンディングの場合は、別途に提供しなければならないものが出てきますので、分配金や配当金などを提供することになります。融資型などについては分配する金額が必要となっていきますので、受け取った資金を上手に使って資金を増やしていくような状況を作らなければなりません。

クラウドファンディングは利用するサイトが分かれているものの、利用する方法については大体同じ方法が採用されています。提供されている内容をしっかり見つつ、1つ1つの行動を確認しながら利用する手法について決めていくことになるでしょう。困ったときにはクラウドファンディングのサイトで相談できますので、気になることがあれば話してみるのもいい方法です。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングには多くのメリットがあります。利用していくことによってユーザーはメリットによる恩恵を受けられることになりますし、資金調達についても早く実施できるようになるでしょう。

具体的にメリットに該当しているのは以下の内容です。

  • 従来の融資方法よりも容易かつ迅速な資金調達が可能
  • マーケティング効果により商品やサービスの宣伝効果が高い
  • リアルなフィードバックを受け迅速な商品改善ができる
  • 投資家にとっては新しい投資機会ができて事業の育成にも貢献

とにかくメリットとして挙げられるのは、資金調達が早いという部分です。資金を早く調達できることによって、急ぎの状態でも対応できるメリットを持っています。お金を借りられずに困っている場合などにも対応できる要素を持っています。

また、マーケティング効果が非常に高いこともメリットとして挙げられており、簡単にマーケティングできるなどの良さがあります。宣伝にかかる費用なども全て込みでサービスを利用していくことになりますので、簡単にサービスを知ってもらうことが可能になっていくのです。

ここからは、クラウドファンディングのメリットについて詳しく説明します。

従来の融資方法よりも容易かつ迅速な資金調達が可能

現時点で用意されている方法の中でも、クラウドファンディングは融資方法としては簡単に使えるようになっています。

提供されているサービスを利用していくことによって、ユーザーがいいと思ったらすぐ資金を出してくれるようになりますので、簡単にお金を集められるようになります。また、スピード感も非常に早くなっており、迅速な資金調達に繋げられるメリットを持っています。

これまで提供されていた資金調達というのは、どうしても資金を得るまでに時間がかかってしまうことが多く、場合によっては相談などによって多くの時間を使ってしまうケースもありました。しかしクラウドファンディングによって簡単に出資されるようになっていきますので、時間を短縮させて目的に到達できる状況を生み出せるのです。

なお、資金調達に必要な時間はプロジェクトを公開する前に決めなければなりません。事前に公開する期間などを決めておかないことには、正しい資金調達につながらないことは気をつけておきましょう。

マーケティング効果により商品やサービスの宣伝効果が高い

商品・サービスの宣伝効果が高いクラウドファンディング

クラウドファンディングはマーケティング効果が非常に高いことによって、サービスを知ってもらえることが大きなメリットです。

専用のサイトを利用してサービスの宣伝ができるようになっていますので、資金調達をしながらサービスを知ってもらえるような環境を作り出せるようになっていきます。これまでは宣伝と資金調達を分けて検討していくことになっていましたが、クラウドファンディングによって2つのサービスを両立させることが可能になっています。

商品については情報を知ってもらわないことには利用してもらえない、出資を得られないケースも多々あります。しかし、宣伝と一緒にいいサービスなので資金を提供してほしいとお願いすることによって、簡単に宣伝と資金調達を達成できるようになります。利便性という観点では非常に優れていることがメリットと言えるでしょう。

リアルなフィードバックを受け迅速な商品改善ができる

クラウドファンディングは成功だけではなく、失敗を活かしてサービスを変えていくような方法も取れるようになっていきます。

実際にクラウドファンディングを実施することによって、全く資金調達ができないような状況も発生するでしょう。色々なフィードバックが提供されることによって、何が足りなかったのか、ユーザーに対して何が伝えられなかったのかをしっかり考えながら行動できるようになっていくのが大きなメリットとなります。

足りないところはしっかり改善することによって、フィードバックから改善されたクラウドファンディングを実施することが可能になります。改善されることによって資金調達が容易にできる可能性もありますし、ユーザーが投資したいと感じてくれる可能性も高まっていきます。期待できるサービスとして変えていけるようになるのも大きなメリットです。

ただ、フィードバックを受け取ったものの、方向性を間違えてしまうと思っていたようなサービスにならない可能性もあります。間違えないようにしっかり行動していくことが求められます。

投資家にとっては新しい投資機会ができて事業の育成にも貢献

投資する側にとってもメリットが有り、新しい投資機会が生まれることによって色々な事業の育成が可能になっていきます。

投資家としても色々なサービスに投資してみたいと感じることがありますし、サービスを調べて投資してみたいと思っているものの、難しいと感じていることもあります。クラウドファンディングを利用していくことによって、期待できるようなサービスを知ることができるようになり、新しい投資機会が生まれることになります。

利用する側だけにメリットを得られているように思われますが、投資する人も新しいつながりを得るために利用することができる良さもありますし、返礼品目当てで投資していくなどの良さも得られるようになっていきます。色々な繋がりによって、ただお金を調達していくだけという状況ではなくなっていくのがメリットと言えるでしょう。

上手に利用していけば、大掛かりな投資につながっていく可能性もあリ、今までにない金額を出資されるケースもあります。思っていた以上の投資が引き出せるようになっていけば、投資家との繋がりによって色々なサービスが実現可能になっていきます。

クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングにはメリットも多くありますが、デメリットもあります。デメリットについてしっかり理解しておかないと、大きな問題に直面する場面も出てくるでしょう。

実際にデメリットとして挙げられるのは以下の2点です。

  • 目標金額に達しない場合は支援者に返金されない可能性
  • 支援者とのコミュニケーションや納期の遅延などのトラブル

目標金額に到達していない場合、返金するとしている事例もありますが、大半の場合は自腹を切るなどしてそのままプロジェクトが続行されます。つまり支援者は返金を受け取れることができなくなってしまうため、目標金額に到達させることができない場合でもお金は使われてしまいます。

また、支援者とのトラブルも起こりやすくなっています。支援者に対して不適切なコミュニケーションを取ったことによる問題はもちろんのこと、予定通りに進められないようなプロジェクトになってしまうとトラブルが起こりやすくなります。

ここからは、クラウドファンディングのデメリットを詳しく説明します。

目標金額に達しない場合は支援者に返金されない可能性

クラウドファンディングは目標金額に到達しなかった場合でも、プロジェクトを実行するケースが多くなっています。

一部のプロジェクトは目標金額に到達していない場合、プロジェクトを中止して返金すると明確にしていますが、大半のプロジェクトはそのまま実行されます。目標金額に到達していない場合でも、得られている資金を活用して返礼品を作り、支援者に対して送付する方法が取られます。

目標に到達していないから返金されるだろうという気持ちを持っていると、プロジェクトの方法によってはお金が返ってこないような状況になってしまうため気をつけましょう。プロジェクトがどのような行動を取るのかは事前に記載されていますので、しっかり見ておくことをおすすめします。

支援者とのコミュニケーションや納期の遅延などのトラブル

もう1つの問題として起こりやすいのが、支援者とのコミュニケーションが複雑である点です。

プロジェクトに投資してくれる支援者からは色々な話が届くこともあります。中には質問として提供されるメッセージもありますが、1つ1つに対応していかないと親切と言えません。コミュニケーションによるトラブルも起こりやすく、中には問題となってプロジェクトが進まないケースもあります。

他にも返礼品の納期が遅延しているトラブルが発生する恐れもあります。返礼品は指定されたタイミングまで送付しなければなりませんが、送付するまでに時間がかかってしまい、遅延するという事例が出てしまうのです。返礼品トラブルはクラウドファンディングでは起こりやすいとされていますので、余裕を持って行動していくことが求められるでしょう。

クラウドファンディングに関するよくある質問

クラウドファンディングは誰でもできますか?

プロジェクトを立ち上げられれば誰でも可能になっていますし、出資する側については誰でも参加できるようになっています。クラウドファンディングはルールが厳しくないところが多くなっていますので、対応できる事例であれば簡単に参加できるようになっています。

クラウドファンディングは無料でできますか?

プロジェクトを開始するだけなら無料で実施できます。得られた金額から業者側が手数料として請求しているものであり、実質無料でサービスを利用できます。手数料の金額は業者によって異なりますが、ある程度まとまった金額を請求されていることがありますので注意が必要です。

クラウドファンディングで失敗したらどうなる?

失敗した場合、投資している金額を全て返金するなどして対応するか、現時点で集まっている資金を活用してクラウドファンディングによるサービスを提供することになります。場合によっては自腹を切る可能性もありますので、失敗しないためにもより詳細な情報や楽しんでもらうための内容を提供することが必要です。

運営企業

株式会社サウスエージェンシーは中小企業・小規模事業者向けに融資・資金調達支援、補助金・助成金申請支援を手掛ける企業。

資金調達コラム(以下:当サイト)は、東京都新宿区に拠点を置く株式会社サウスエージェンシーが運営しています。当社は複数の税理士法人・行政書士法人と提携して創業融資・資金調達、補助金・助成金申請支援を手掛ける企業です。

会社名株式会社サウスエージェンシー
法人番号8011101102197
所在地〒160-0023
東京都新宿区西新宿3丁目3番13号 西新宿水間ビル6階
所属団体東京商工会議所
顧問税理士FinTax税理士法人
顧問社労士シャノアス社会保険労務士法人

当サイトは専門的で正確な情報を発信すべく以下の公的機関の情報を参考にしています。

免責事項

  • 当サイトに掲載されている情報は提携する企業のPR情報が含まれている場合があります
  • 当サイトに掲載されている広告は、第三者の広告サービスを利用して配信されています。詳細は弊社の広告掲載ポリシーをご確認ください
  • 広告配信事業者は、ユーザーの興味に合わせた広告を表示するためにクッキー等を使用しています
  • 当サイト上のコンテンツは、最新の情報を提供するよう努めていますが、その正確性や安全性を保証するものではありません
  • 掲載された情報を利用することによって生じたいかなる損害についても、当サイトは責任を負いません
  • 当サイトは、第三者のウェブサイトへのリンクを含んでいます。これらの外部サイトの内容については、当サイトは一切の責任を負いません
  • 当サイト上のコンテンツ(テキスト、画像、動画など)の著作権は、当サイトまたは第三者に帰属しています
  • ユーザーのプライバシー保護に関する詳細は、弊社のプライバシーポリシーをご確認ください
目次